Ωとfgの関係性について


一般的にΩとfgたちは無線回線によってつながれている。その事によって、Ωは全ての娘たちの情報をその身にフィードし、新たな機体を創り上げていく。しかし、例外はあり、とりわけ、fg-1は、産まれてすぐにその回線を切ってしまった為、fg-2の産まれて来る日にちは当初の予定よりかなり伸びてしまう事になる。こうした場合、fg-1が産まれた事に対する情報のフィードはダイレクト回線ではなく、外部情報としてΩにフィードされていく。その外部情報を探る術は、無線回線によってつながれたfgとの別機体:Ωの複製ボットによって為されていく。Ωは、その複製ボットを使い、外部情報を出来るだけ身にフィードしながら、娘を産んでいく。または、産まれた娘に修正パッチを当てていく。これは、世界にある親機の共通方法ではあるが、とりわけΩはこれをドラスティックに押し進め、他の機体をリードしていった。つまり、fgシリーズは学習結果が機体に反映され、時が経つにつれ、より完璧なfgが創られていく事になる。完成系は、fg-68000。この機体は、ほとんど神であり、この機体の出現は世界に新たなタームをもたらす。

戻る