水道から蛇口をひねるように私たちは生まれる。


コードナンバーは、fg。母はΩオメガ。


母から1番目に生まれた量産型女の子。それが私。


製造ナンバー:fgー1。


何故か胸の内にある熱い想い。


まだ見ぬ少年(かれ)に会いに行く。





2011/08/31


いや、しかし。生徒ラクだな。フラストレーション溜まるけど。そういうのはラクって言わないのか。しかし、私は生徒としては、fg-3タイプになる気がするよ。とりあえず、面倒ごとは置いといて寝てる感じ。と言いつつ、mg-1のイジメグループに蹴りをくれるなど。いや、こういう所がラクだよね。先生の時は、するのやめてたからスカッとするわ。



2011/08/30


新学期2日目。担任の授業がつまらなすぎる。何をやってるんだ、アイツは。私が何を教えたと思ってるんだ!という感じもありつつ、どうでもいい感じもありつつ、そもそも私も生徒からこんな風に見られてたんだなーとか、それなりには新鮮ではある。


というわけで、これを踏まえて教師に戻ったらどうしようとか色々考えるが、元より教師に戻れるかどうかはよく分からないというか、教師と生徒が入れ替わり可能な時点で授業がどうしようもなく意味がないという事を露呈していると思う。



2011/08/29


疲れた。ただひたすらに疲れた。予想通りではあるが、生徒は3分の1も来てなかった。おそらく今後、新しい生徒が大量に補充されていくんだろう。来てない生徒は切って捨てていくように校長に聞いている。校長と言っても、こないだまでの校長ではない。校長は今日の朝礼で自分が校長を辞める事を告げ、新しい人、mg-78が校長になった。mgが校長である。この学園はすっかり母様の下に運営されているのだとばかり思っていたが違うのかもしれない。よく分からない。そして、私は生徒に戻り、私の担任はmg-1をイジメてたfg-267で、そして、生徒会長だけはあいかわらず生徒会長なのであった。民意で選ばれたものは変わらないんだなと思った。今日は変な静寂があったので、私はミッションの遂行を少し先延ばし、今日得た情報を加えて新たな情報処理をはじめた。



2011/08/28


準備完了。明日から学校だ。はー。行きたく無い。猛烈にイヤだ。しかし、行かなければならない事はないけど、そういう選択をするし。そして、その為には気合い入れ直さないといけないし。疲れる。もっとふに〜って感じの世の中なら良いのにと思う程に世の中が出来ている事は、ある意味すごいけどと思うのは、孤独だった時代は、そんなに前ではないからだ。そして、孤独の直後だったら、こんな事でもワクワクしてしょうがなかったんだろう。はー。まあいいか。しょうがない。こっちを選択しよう。てか、その為の情報処理作業を試したくはある。試さないで終わったら何だなというか。



2011/08/27


今日も情報処理作業。いろいろ新学期に向けての構想を練りつつ、しかし、夕方にはfg-3と料理したりしてまったりした。準備の方は、大体、大丈夫だろう。休み明けがこわいな。というか、めんどいな。



2011/08/26


超高速情報処理で少しヘタる。流石にいろいろ回転させまくるとこんなに疲れるんだって思った。人間、限界があるな。てか、あんだけ暇だったのに、この期に及んで、データを高速処理してるのがダサい。でも、しょうがない。まあ、やる時にがーっとやるのもアリでしょ。休みまだあるし。あと2日と半日。



2011/08/25


休み明けの為に情報整理。気を引き締め直す。



2011/08/24


今日はいろいろ生徒たちの動向とかを聞いたが、休み明けが憂鬱です。世の中いろいろあるね。



2011/08/23


う〜ん。そろそろ夏休み終わりなんだが。何もやってねえ。あの合唱コンクールの盛り上がりが嘘のようにどうでもいい。休みすごい。もはや学校のどうでもよさが際立つ。mgはどうしてるだろうか。イジメとかあるし。もう学校来ないんじゃなかろーか(でも、mgは勉強したい子が多いんだし。むしろ来るんだろう。fgは大量にさぼる予感・・・)



2011/08/22


結局、ぼ〜っとしている。一日は意外と長いし。しかし、終わってみると短い。



2011/08/21


そして今日もまた釣り。ていうか、夏休み、釣りしかしてないけど、そろそろ終わりそう。そういえば、登校日とかも行ってなかった。さぼった。緊張感がない。またイジメが起こるかな。どうだろう。夏休み明けこわいな。人って、すぐゆるむな。



2011/08/20


そんなわけで今日は釣り。しかし、こういう日に限って釣れず。頭の中で一人将棋してた。



2011/08/19


昨日の今日で将棋の勉強。つっても、どこをどうやったら勝ったり負けたりするのか、よく分からない。意外に深い。中盤の展開に結構、処理落ちする。やっぱりバージョンアップしないと将棋はキツいかも。やめるか。釣りのが向いてそう。



2011/08/18


生徒会長は行動が早く、今日は知り合い集めて、将棋大会をやった。そんなに集らなかったけど。しかし、この将棋大会はおそろしく高度というか何と言うか、なかなか時間のかかる対決ばかりであった。私は一回戦で負けた。教師の面目として微妙(結構、悔しい)。



2011/08/17


ビックリするぐらい、やる事がない。学校が無いとこんなにもやる事がないのかという感じ。いや、釣りとか将棋とか、そういうのはあるんだけど。そうそう。そんなわけで、今日は生徒会長と日がな将棋を指していたのだった。なんで将棋かはよく知らないけど(向こうが言って来た)。



2011/08/16


釣りをしながらいろいろ考える。考えてもしょーがない事なのでデリート。魚はいっぱい釣れたので良かった。



2011/08/15


いい加減暇なので、また釣りに行く。そこそこ釣れた。



2011/08/14


まあ暇だ。



2011/08/13


そして、やはり暇だ。



2011/08/12


特に何もない。まあ、そういう日もある。ていうか、暇だ。



2011/08/11


色々なシミュレーションをする。機械なのでシミュレーションの速度は速く、故につまらない。飽きた。大体、どう転んでも個人で大まかな流れをどうにかする事は出来ない。さりとて、どうにかしなくてはならない。難しい。のだけど、そのルート設定を色々探っても、結局は空想でしかない。現実はいつもズレるんだし。というような放り投げ。



2011/08/10


いろいろと次の事を考える。マテウス次郎がまた現れるとして、どうなんのかなーとか。fgとmg以外の機体が学校来たらどうなるんかなーとか。まあ考えてもしょうがないんだけど。一応、予防線を探っておく的な。



2011/08/09


生徒会長の言ってる事が頭に少しこびりついての釣り。清流の音とセミと鳥の鳴き声を聞きながら、のんびりと。と思ったら、入れ食いで結構忙しかった。もちろん、それはそれでたのしい。やはり釣りだな。



2011/08/08


生徒会長と会った。いろいろと生徒会を今後どうしようとか、そういう悩みを聞いたり。こうしたらどうだろう?こういうのはどうかな?と色々とやりとり。担任だから当たり前っちゃ当たり前だけど、上からものを言っているようで色々考えてしまう所もあったり。しかし、生徒会長はいろいろ熱いし。人生を楽しんでるように思う。本人としたら一喜一憂なのだろうが。良いと思うよ。



2011/08/07


そして今日もごろごろ。こないだのアイツを見た時のヤバい直感は何だったのか。てな疑問もなく、こうやってゴロゴロできる日が平和なのだろうから出来る内にこういうのを満喫しておこうとか、そういう感じ。とか言ってる内に何十年経ってもこうであったら良いような悪いような。ごろごろ。



2011/08/06


見事なまでに何も起こらない。ごろごろ。



2011/08/05


今日もごろごろ。この暇さは異常だ。ホントに教師生活どうでもよくなる。展覧会やってた春休みはそれはそれでよかったのではないかとか。



2011/08/04


今日も家でごろごろと。平和な日々だ。こういうのも悪く無い。てか、もはや学校に行かなくても良い気がして来た。周りに人も増えて来たし。学校に行ってない人も多いし。



2011/08/03


海釣り、あんまり向いてないなと思って家に帰る。部屋でぼ〜っとして、ばたんきゅーで寝た。



2011/08/02


海釣り。昨日、変なのを見たと言ってもすぐ過ぎ去ったのでどうという事も無く、今日は海に移動して浜辺から投げ釣り。


今年は近くには海水浴客もいて、昨年とは隔世の感がある。世界は賑やかになった。少し。



2011/08/01


海釣りをしようかとも思ったけど、水の状態が良さそうだったので今日で最後と山の中で川釣りをする。思った通りの好感触で入れ食いというよりも質がよく、なかなかの大物をつり上げた。たのしい・・・やばい・・・アイツだ・・・ええええええ!!!mgのおじさんというアイツがまた現れた。しかも、今回ちょっと低空。激ヤバ。見たく無い見たく無い見たく無い。てか、見られたくない。ヤバい!隠れた。しかし、隠れながら映像撮ってやった。それをデータベースに流して、fg-3にメールして、色々と情報を照会してもらった曰く、奴の名前は「マテウス次郎」。mgの親機マテウスの変異体のような奴だ。ヤバいだろ、これ。多分コイツのせいでなんかヤバい事が起こる気がする。それは勘なのだけども、たぶん当たる。そういう直感が私の中に起こった。直感・・・そんなものを母様が私たちに植えつけているのだろうか?私だろうか?分からない。しかし、コイツを見るにmgそものが多分ヤバい。忘れていたその確からしさを私は再び思い出し、そして、そこにイジメの根源を見るような気もするのだ。これを制御する事が出来るのだろうか?夏休み明け、波乱があるかな。無いかな。ちとこわいな。



7月の日記


戻る