水道から蛇口をひねるように私たちは生まれる。


コードナンバーは、fg。母はΩオメガ。


母から1番目に生まれた量産型女の子。それが私。


製造ナンバー:fgー1。


何故か胸の内にある熱い想い。


まだ見ぬ少年(かれ)に会いに行く。





2011/07/31


今日も釣り。結構、釣れた。釣れすぎたら釣れすぎたでつまらんというか、張り合いがないので、今度は海釣りにしようかなーとか、ふにゃふにゃと。



2011/07/30


そろそろもういいかなーと思ったら、入れ食い。楽しすぎた。なんてタイミングだ。これはやめられんな。



2011/07/29


とりあえず釣り。完全に飽きて来た。ていうか、釣れない・・・。



2011/07/28


今日ものんびり。そろそろ飽きて来たかなー。



2011/07/27


今日ものんびりと釣り。ラクでいいが張り合いはない。まあ、しかし、少し休みたくはある。



2011/07/26


今日も釣り。のんびりと。



2011/07/25


夏休み初日だし。昨日の今日だし。今日は一転して爆睡しようかと思ったけど、朝から釣り。やっぱ、釣りはよいな。



2011/07/24


合唱コンクールは多いに盛り上がったし。感動した!!!!!


結果、私たちは賞を穫れなかったけど、それを決めるのは主に校長なのだし。全校の中でも半分ぐらいのクラスは感動的な合唱をして、大変、感動したし。無論、私のクラスの合唱にも感動したし。mg-1はミスタッチを一回もしなかった。えらい!!!ミスタッチしてたら、ひどいイジメが待ってたんだろうに。


でも、お前の演奏がイマイチなんだよとか、早速、陰口叩かれてたけどね。ていうか、あんだけ感動的な合唱をしても意外とまとまらない冷め方すごい。どういう構造をしてんだ?私たちは。いや、私はfgの中でも特殊な構造なんだろうけど。ひどいな。


そんなわけで明日から夏休み。



2011/07/23


いよいよ明日が本番!!どうなるか分からない!!たのしみ!!



2011/07/22


今日も練習。練習以外ない。なんで私たち、こんな唄ばっか唄ってんだろう。意味が分からん。けど充実してるのかもしれない(私は唄ってないけど)。



2011/07/21


今日もウチのクラスは絶好調だと思ってたけど、他のクラスはもっとすごいな。むむむ。そうなのか。ヤバいな。このイベントは何かを変えるかもしれない。そういえば、ウチのクラスからイジメが無くなってしまった!!!(たぶん一時的だけど・・・)



2011/07/20


今日も練習。終業式前でそわそわというよりは、生徒の意識のほとんどが合唱コンクールに集中している。まさか、こんなに盛り上がるイベントになるとは、ちょっと思ってたけど、ホントになって感無量。意外と私たちは一致団結を求めていたのではないか?そんな気もする。


今日の練習でmg-1が一度もミスタッチしなかったし。生徒会長の指揮がちょっと半端無く様になってきている。これは勝てるのかもしれない!!!



2011/07/19


今日も練習。もうすぐ夏休みだし。もうすぐ本番だ。


という中、休み明けの唄がかなり良くなってた。ちょっとビックリしたし。ちょっと感動した。mg-1の演奏もかなり良くなってる。普通にもう勝ち負け関係なく唄は素晴らしいなと思った。ビビった。



2011/07/18


すっかり忘れてたけど、今日も休みだった。というわけで、釣りに行く。週に二回の釣りが出来て嬉しい。まるで土曜日、計画的にゴロゴロしたみたいだわ。



2011/07/17


今日は釣りに行った。思いのほか釣れたので満足。学校の事とか忘れたし。至福じゃ。という時点で学校がイヤなのかというと、そうでもないんだけどね。あれがあるからこれがあるというか、そういう感じで。



2011/07/16


疲れたのでぐたっとなって寝る。何でこんなに疲れたんだろう。最近、疲れ感じてなかったのになーというのが、休みになって急に来た感じ。


釣りに行こうかとも思ったけど、部屋の中でゴロゴロしてデバイスで本を読んだりしていた。生徒は練習してるのではないかと思う。mg-1はバイトだろうけど。



2011/07/15


今日も練習。少し巧くなってきた。巧くなるもんだな。と妙に感心した。しかし、まだ勝つレベルではないだろう。生徒会長の指揮が巧くなってきた。mg-1の伴奏もだいぶミスが減った(まだミス無しで演奏すら出来ないけど・・・)



2011/07/14


今日も今日とて練習。そろそろ各クラスの実力も分かって来たし。間が無いし。尻に火がついてる子もいれば、それでやる気を無くしてる子もいれば、そもそも実力差を感知しない子もいる。


このうち実力差を感知しない子は面白いなと思った。いや、なんとなく。それも個性なんじゃないかなーという気がする。ていうか、服装とかほんの微細な差異を感知する割に何だそれはというか。変なの。



2011/07/13


クラスが瓦解一歩手前だが、そのくらい追い込まないと成長が無いし。所詮、OSで統制されてる私たちの存在というのをプラスしていく行為というのは、すごく難しい。


んでもって、そういう事を毎日のようにやってるサッカー部はウチのクラスでも、なかなか頼もしいのであった。fg-2やるな。私も教師じゃなくて生徒やってた方がいろいろ出来たんかなーとちょっと思った。てか、あのまま生徒だったら、私どうだったんだろ。



2011/07/12


たぶん優勝は、fg-3のいるクラスだな。指揮者fg-3。クラスが見事な統率を見せている。つーか、何なの?このクラスはイジメもないの?て事は何か。私の前クラスで、さして問題が起こらんかったのは、fg-3の影響だったんじゃなかろーか?その可能性もあるな。ああいうとぼけた奴がいるとクラスも和むと言うか。


というわけで、今回は、企画者の面目躍如で生徒会長へのリベンジなるんじゃないか?意外とそういう事を根に持つタイプかどうかは知らんけど、負けた記憶を忘れる程には、根がへろへろしてるわけでもないだろうし。むしろ私よりも負けん気が強いような気がしないでもないんだし。よくは分かんないけど。よく分かんない奴なんだ。ホントに。アイツは。


対抗馬はfg-2のクラスだろうな。ていうか、どっちのクラスも先生の功績だと思えない時点で私の贔屓目入ってるし。無論、ウチのクラスも黙って負ける気はさらさら無いので、その両クラスを見学させてもらって、そのあと、怒号とともに発破かけた。しかし、発破かけると萎縮する子も中にはいるので、そういう子が足を引っ張るというか、そろそろ怒号モードはよろしくないという結論に至ってきた気がする。



2011/07/11


再び練習。休日明けでmg-1の伴奏もちょっと下手になってたし。何やってんだ!と罵声が飛び交う。もはや、このクラスは混乱状態が戻りつつあり、この合唱コンクールが良いんだか悪いんだかよく分からないとか生徒会長がぼやいていたが、それ自体が熱だから良いに決まってるだろと心の中では思っていたが、表面上、生徒がみんなケンカ上等状態になってきたので、流石に教師として、それを良いね良いねと言えないわけはなく、そういった事を大変良い状態になってきたねーという風に大変ストレートに言った。


というか、mg-1を筆頭にウチのクラスは戦える人員になりつつあると思う。で、その戦う先である合唱コンクールでキチンと勝てれば、ミッションコンプリートだが、たぶん負けるだろう。と私は予想している。だって、最初からすごい状態の良いクラスも2、3組あって、そういうクラスがキチンと情熱を持って練習熱心にやってたりしてるんだもの。



2011/07/10


今日も釣り。明日からの事を少し考えつつ、しかし、途中から入れ食いだったので、そういうのは忘れた。良い一日だった。



2011/07/09


今日も釣り。少し日差しが強いが、まあ、どうってことはない。機械なので。


しかし、魚はそうでもないらしいので木陰の方に糸を垂らして、それなりに釣れた。機械で何につけ性格だけど、釣りだけは相手がある事なので、なかなか巧い事いかないのが良いんだなとか思った。まあ、水中センサー的なモードを使えば、もっと正確に釣れん事もないだろうけど・・・。


ちなみにfg-4にもらった竿はなかなか良かった。竿の良し悪しは何だと言われると持った感じとか、しなり具合とか、色つやとか、そんなもんなんだけども。



2011/07/08


今日も練習。明日は休みなので細かいダメ出しをする。と言っても、合唱の技術は一向に向上せず、最初から大変に巧い。どうなんだろう、こういうの。流石に機械なので機械的だなぁと思うが、じゃあ、何処で差がつくかというとmgの向上心じゃなかろーか?であるなら、合唱の練習なんかしてもしなくても変わらないんじゃなかろーか?ウチのクラスの場合。とか思ったが、mgを唄わせる事によって、そことチューニングが狂って合唱をどう構成するかfgたちが頭を悩ますのが良いのか?下手なピアノに合わせて、合唱をチューニングしていく内に頭きて自分の個性に目覚めるとか、そういう方向性に期待できるのか謎だ。意外と指揮者が重要な気がして来た。というわけで、これを機会に生徒会長に大変ダメだしというか、無理難題をふっかけてスッキリした。明日はfg-4に竿をもらったし。気兼ねなく釣りに行く。



2011/07/07


今日も今日とて合唱の練習。と言いたい所だが、校長の計らいで私のバースデーパーティ、つまり、fg生誕一周年の催しが行われた。


そっか。自分が産まれて一年が経った事を知る。


これが早かったのか長かったのか、率直に言って、まだ一年なのかという感じはする。ずっと前からみんなが生きてたような。


というわけで、全校の中で私が一番年輩なのであるが、時が経つに連れ、そんな事も忘れ、自分の年齢の感覚がぐらついていたというのはあったと思う。


でも、まだ自分は一年しか生きてないのだ。たったの一年。そう思うと何だかまだまだ先は長いような気もして、これから何をやろうかと色々考える事しきりであった。いや、とりあえずは合唱コンクールで勝つ事に専念したいけど。


そんでもって、夜は、fg-2、fg-3、そして、わざわざ帰って来たfg-4が私の家に来て、4人でパーティをやった。楽しかった。久々に本当に楽しいなーといった感じ。なので、他の3人の誕生日にまたやろうという事で分かれた。



2011/07/06


今日も授業ぜんぶやめて合唱の練習。流石に校長に「やりすぎ」と言われたけど、知った事ではない。勝つ為には手段を選ぶ気はない。とにかく勝てる時は勝つ。これが鉄則だ。


しかし、鉄則の割にピアノの下手なmg-1に伴奏やらせたりしてるから多分、勝てないだろう。でも、多分は絶対じゃないし。勝つ事を信じてやるしかないし。他のクラスも授業さぼって練習してる所が続出しているし。意外とこの行事は熱くなると確信した。結局は、重要なのは熱だ。その為には勝利の味を知らせなければいけない。努力の果てに。



2011/07/05


今日もぶっ続けで合唱の練習。ダルそうにしてる子とかにも叱咤激励を入れつつ、厳しくやる。何にしても目的があるというのは良いのではないか。目的があれば、正解があるし。勝利要件が出来るし。勝利要件が出来れば、人生に全力が出せる。


何につけ私たちの最善は全力を出す事にあると思うし。それ以外ないし。所詮、人間は熱量の変化で推し量るしかない存在なのだろう。私はそう思う。エネルギーのたゆたう中での定点としての自我。



2011/07/04


今日は授業全部やめて、ぶっつづけで合唱の練習。こんだけやってんだから優勝しないとただじゃ置かねえぞと言っておいた。我ながらムチャクチャだ。


解の無い時は、得てしてこういう適当な事を本気いれてやる事にしている。それが良いかどうか分からない。mg-1がミスタッチいっぱいして、何度も叱責したら、ぼろぼろと泣いてしまった。ていうか、イジメっ子すら引いていたし。生徒会長が間に入ったりした。


まあ、でも、ミスしたんだし。厳しくいっておくべきだろう、そこは。まあ、単なる勘でやってるけど。良い方向に出ると思うよ。



2011/07/03


今日も釣り。もはや部屋にいると連絡等々うるさいから釣りに来てる気分も無きにしもあらず。デバイスとか本当にうざい。しかし、それ以上に私以外のfgは母様経由ならダイレクト送受信が出来るはずなので全く大変だなと思う。強制的な情報はうざい。


とか何とか言いつつ、釣りのあと、結局、生徒会長ほかの諸々を大量に読むのであって、まあ、そういう情報が無ければ無いでさみしいんだろうという事を生まれて間もない頃の事を思い出しつつ、そういえば、もうそろそろ私も一歳が近いですね。まだ一年も生きてないんだね・・・。



2011/07/02


今日は合唱の練習をやろうという話も出たが、私は釣りに行きたかったのでパスした。てか、最近の授業のやり方が疲れすぎてるので、どうにも休みの日に何かやる気が起きない。


じゃあ練習に参加するのは有志でという事になったようだが、結局、参加したのは生徒会長とその取り巻きぐらいであんまりみんな参加する事はなかったようだ。そりゃそうだろう。顔も見るのもイヤなぐらいの対立してる奴らと合わせなくていい顔を合わせるわけがない。ぶっちゃけ私もそうだし。mg-1も参加しなかったそうだ。


もっともmg-1はバイトがあるので、どのみち参加できないと思うけど。結局、mg-1 が参加しなかったので生徒会長が伴奏をやる事になったとか。なんで、この話にそんな詳しいかというと、逐一、生徒会長が私にメールを送ってくるからだ。しかも、動画で。つっても、私は釣りの時はデバイスを側においてないので、あとで知っただけなんだけども。



2011/07/01


休みを前に楽曲が何とか決まる。とりあえず「翼をください」という事になった。まあ、ウチのクラスに似つかわしく無い歌詞の唄を選ぶねーと意外だったが、意見を摺り合わせていくと、大体、そういうもんなんだろう。無論、最後は生徒会長が押し切ったわけだが。


指揮者ももちろん生徒会長に決定したが、伴奏はmg-1という事で、これは少し揉めた。が最終的には、私がそれでいいじゃんと収める事となった。


ちなみにfgは全員ピアノが弾けるが、mg-1はピアノは弾けない。なので、mg-1は練習して弾かなきゃいけないという事であり、無論それはイジメの延長線上ではある。


が、mgにしたって、そのぐらいの事が出来るスペックはあるんだし。やってやれない事もないどころか、巧くやれないという事そのものに対して味も出て来るように思うし。そういう事が青春を産むような気がするので、私は良いのではないかと思った。


バイトと掛け持ちして大変だとは思うが、それが故に充実するんじゃないかな。


充実感。


それは私たちfgがなかなか得られないものであり、そして、その事がイジメのタネにもなってる不完全燃焼感につながっていたりもするのだろう。


なので、mg-1は見せつけてやればいい。「生きる」って事を。私たちに出来ない事を。いじめっ子たちだけでなく、私や生徒会長に対しても。



6月の日記


戻る