fg大戦 

 死神の降臨

fg大戦の幕開け



mg-3600。その、さえない顔の女の子の「ある行動」をきっかけとして、 激しく拡大されていく大規模な世界戦争。既存機体、有機ボット、無機ボット、 抽象概念、具象理念、空、海、山、木、花、コスモス、牛、馬、 鯨、人間、となりのあの子への愛しい想い、憎しみ、グリード、株券、 札束、きれいな宝石、きれいな心、小川のせせらぎの再現、箱庭、風鈴、盆栽、ガーデニング、音、声、さえずり、この世界の全て、大きいもの、小さいもの、 生命体、非生命体、 あらゆる世界内存在を巻き込み、世界の存在そのものを改変させていく 物語の大団円。機械は人になり得るか。人は機械に置き換われるか。 機械とはそもそも何か?存在とは?肉体、思念、あらゆる執念がすべてを交錯させる ただ一つのキーワードは「イマジネーション」。このイマジネーションを、fg-1。 物語の主人公がこの物語で紡ぎ出す。



ストーリー

3女神たちの饗宴
 
the end of "fg"

愛の花嫁 a.k.a. Morning glory

Lost Memories


キャラクター

fg-X
 
死の商人グスタフ
 
fg-キャノン
 
マジシャン


fg-68000

pg-3

pg-840

fg-482

mg-29800
 
pg-1200
 
fg-42000

fg-9000

fg-vega


戻る




TOP