女の子の洪水

 〜世界は軽やかに開かれていく〜




物語のはじまり。機械の国の物語。過去か未来かは知らない。ここが地球かどうかも知らない。しかし、この世界にも地球は存在している。日本も、平成も、2009年11月2日の全記憶も、久住小春も、ルーベンスの絵も、グーグルも、アインシュタインの考えも、iPodも、 スティーヴ・ジョブズも、katy perryの「Hot N Cold」という曲も、この世界にはキチンと 存在している。 ここはパラレルな 世界。地球との平行。地球上で、この世界を見たものはまだいない。見てないものが描かれているだけ。その意味では、この世界は歴史。その意味では、この世界も真実。Ωは世界の一断片であり、機械。または、物語のサブタイトル。Ωは何も考えない。Ωは何も見ない。Ωは何も語らない。しかし、Ωは確実にここに存在している。今ここに。我々と共に。fgと共に。



ストーリー

ordinary days


キャラクター

Ω(オメガ)

fg-1

fg-2

fg-3

fg-4

fg-10

fg-13

fg-472

fg-616

ag-48(よんちゃん)


設定

Ωとfgの関係性について

Ωと他の親機について

fgの初期情報(プレデータ)について

fgとファッション

fgと日常



fg-1の日記

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

戻る




TOP